共生、あるいは共存のこと。

 環境破壊にともなって出てくるようになった、『自然との共生(共存)』という言葉。何だか、ちょっと違うんだよな~と、いつも違和感を覚える。「共に生きる」「共に存在する」ということだろうけど、自然がなくなったら、人間もなくなるやん。なのに、“共に”って、なんだ厚かましい感じがする。

 木々は黙ってなぎ倒されていく。あらがいはしない。んで、最後に泣くのは?

 辞書で引いてみると、『共生…一緒に生活すること。(2)〔生物〕 異種の生物の共存様式。普通、二種の生物が互いに利益を交換して生活する相利共生をさす。アリとアリマキ、ヤドカリとイソギンチャク、根粒バクテリアとマメ科植物など』『共存…二つ以上のものが一緒に生存したり存在したりすること』 などとある。

 他にいい言葉、ないかな~。

b0050104_22165886.jpg

[PR]



by yamaneko299 | 2005-05-03 17:33 | 自然

戯言は「たわごと」と読みます。
by yamaneko299
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

リンク

本家:ねこからの手紙
http://www.neko-te.net/

屋久島写真★Studiof32
http://f32.jp/

オ~ッ君の東京散歩
http://blog.livedoor.jp/okkun1/

Wandering
http://nomad.de-blog.jp/wandering/

mizutamari
http://pine27.blog105.fc2.com/

ケモの縄張り自然観察
http://pockets.jp/blog/

ikimonodaisuki!
http://blog.livedoor.jp/ikimonodaisuki/

以前の記事

ライフログ

ファン

ブログジャンル

画像一覧