わけのわからないもの。

ほぼ日手帳5月22日の欄外読み物から抜粋。

---------------------------------------------------------------
『…詩っていうのは、たぶん、「わけのわからないもの」について
書いてあるものだと思うんです。
「わからないことをみんなに伝えられるだろうか」という気弱さと、
「伝えられたらうれしいな」という喜びがいっしょに、詩になって入ってる』
<谷川俊太郎の「家族の肖像」より>
---------------------------------------------------------------

これを読んで以来、頭のどこかでよく思いだしている。
もちろん自分に置きかえて考えてもみる。

詩に限らず、自分の思いを自分の言葉で伝えようとすると、自信がなくて小声になるんじゃないだろうか(あるいは必要以上に大きな声に)。それでも何度も試すうちに、だんだんと鍛えられて根っこが安定し、ゆるぎなくなっていくのかもしれない。うまく伝えられたなら、生きる喜びにつながりもする。ただし、機械的に繰り返すようになると今度は上滑りして、自分から離れていってしまう。だから常にその時の自分として、言葉を選ぶ必要がある。そうなると自分に向き合う人ほど小声頻度は高くなるということになる。(ならねー?)

文章などの形にするとなると、放った言葉はそこで固定されてしまうから(厳密には口頭でもそうだと言えるが)、同時にその時の自分というものも封印される。考えてみると恐ろしい。自信がない上に、撤回も出来ない。

それでも伝えたいと思うのは、「わけのわからないもの」が“生もの”であるからだろう。それをすくいとる本人も含めて。
[PR]



by yamaneko299 | 2005-06-10 06:53 | 創作

戯言は「たわごと」と読みます。
by yamaneko299
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

リンク

本家:ねこからの手紙
http://www.neko-te.net/

屋久島写真★Studiof32
http://f32.jp/

オ~ッ君の東京散歩
http://blog.livedoor.jp/okkun1/

Wandering
http://nomad.de-blog.jp/wandering/

mizutamari
http://pine27.blog105.fc2.com/

ケモの縄張り自然観察
http://pockets.jp/blog/

ikimonodaisuki!
http://blog.livedoor.jp/ikimonodaisuki/

以前の記事

ライフログ

ファン

ブログジャンル

画像一覧