一般振替口座開設への道。

 平日休みの日、近所の郵便局へ出向いて一般振替口座の開設を申請し一旦受理されるも、「その名称が実在する証明となるものがいる」と連絡を受け、ウェブサイトのトップページを郵送したのは先週のこと。

 そして今週始め、またもや、不吉な留守電ランプが点滅していた。
「お伝えしたいことがありますので**郵便局までご連絡下さい」

 翌日電話すると「ウェブサイトの中で管理者の所在地や本名が載っているページを渡して欲しい」という。そんなものは、ないと言う。ないなら口座の別名表示はできないと返答。あるいはその集まりの規約を提出してほしいと。個人運営なので規約などない、とまた答えると、ならば口座の別名表示は難しい、本名表示なら受け付ける、とのたまう。

 うーぬ、と10秒考えて、本名での口座開設に切り替えることを伝えた。…だが、納得いかない。本名表示でも別にいいのだけど、あきらめなきゃいけないというところに合点がいかぬ。

 帰宅後ネットで更に検索し、自分と似た境遇の人が口座を開設するために申請した規約を発見した。「これだ!」…と、まねて作成した。

 翌朝もう一度郵便局に電話する。が、担当者は「規約提出の場合は別名表示という形ではなく団体扱いになるから、再度局に出向いて申請しなおしてもらわなければならない」という。「いっぺんに言ってくれよ」、とため息。継続中の申請が時間的に生きると思っての規約作成だったが、白紙に戻るなら、職場からは遠いその郵便局(自宅からは近い)で手続きしなおすこともない。こないだはたまたま代休だったので自宅近所にて申し込めたに過ぎないのだから。

 そんなわけで、その規約を持って、職場付近の郵便局にぎりぎり駆け込んだ。やはり「別名表示」は難しく、「団体」扱いとしてだが、少なくとも、最初の郵便局のように何の書類提示も求めないということはなく、持参した規約提出を含め、段階を踏みながら手続きを終えた。さらに言うと、前の郵便局では振替用紙への印字依頼は口座開設通知後でないとできないと言われたが、そこでは先に申し込んでおいて、開設後印字代金を入金するという方法が可能だった。

 最初の郵便局との電話でのやりとりでは、その担当者も行き届かなかったことを認めて対応してくれたので特に悪い印象も持たなかったが、やはり本人が認める「勉強不足」に他ならなかったし、最後の段階で、規約での申請を郵送では受け付けてもらえないのかとお願いしても、「他のお客様との公平性もありますのでご了承下さい」と言うばかりだった。しかもなぜだか笑いながら。一度出向いている時点で公平性は満たされたのでは?と思うが、きっと譲れないのだろうと思って追求はしなかった。

 けれど言ってしまったことがある。「もともとそちらのミスが発端になっているということを、心に留めていただきたい」と。これを言ってしまうところが、自分の品性のなさだと落ち込んだ。

 今回もまだ開設通知待ちであることに変わりない。書いていて「これって結局自分の常識のなさが発端?」と思うが、これはすぐにはどうしようもない。
[PR]



by yamaneko299 | 2005-06-30 22:24 | 創作

戯言は「たわごと」と読みます。
by yamaneko299
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

リンク

本家:ねこからの手紙
http://www.neko-te.net/

屋久島写真★Studiof32
http://f32.jp/

オ~ッ君の東京散歩
http://blog.livedoor.jp/okkun1/

Wandering
http://nomad.de-blog.jp/wandering/

mizutamari
http://pine27.blog105.fc2.com/

ケモの縄張り自然観察
http://pockets.jp/blog/

ikimonodaisuki!
http://blog.livedoor.jp/ikimonodaisuki/

以前の記事

ライフログ

ファン

ブログジャンル

画像一覧