桃井和馬写真展

 せっかく東京に出たので、話に聞いていたフォトジャーナリスト桃井和馬さんの写真展へ。

 フロアは大きく四つの小部屋に仕切られている。いろんな民族音楽が流れてくる。これは後からの感想だが、写真が展示されている三方の壁に囲まれた真ん中で、何だか踊りたくなってしまった。ゆっくりと。


 一番目の部屋は『地球原風景』。カリマンタンやギアナ高地など、世界各地の雄大な自然に引き込まれる。インドネシアの森の空撮は、一瞬苔と見間違えた。
 
 二番目の部屋は人以外の『動物』や『植物』。ライオンからウミイグアナやアリまで、ケニヤやベネズエラで撮った写真につけられたキャプションは、例えば「ハイエナはエライ。腐肉から病原菌が広がることを防いでくれる」というように、各々の存在を讃えながら、連鎖していることを示している。
 
 三番目の部屋は『環境破壊』。グラウンドゼロの写真が正面に大きく据えられ、緑に覆い尽くされるクメール遺跡や、森林伐採の写真などが展示されていた。
 
 最後四番目の部屋は『人々の笑顔』。三方の壁には各国の人々が、それぞれの生活の中で、笑っていた。また、この部屋には大きなモニターと椅子が備え付けられ、スライドショーが流されていた。山、子どもたち、鳥、兵士、滝、男、花、シマウマ…と、被写体がランダムに映し出されては消える。(半時間ほど見ていたが、一巡はしなかった。)

 
 甚だおこがましいことを言うが、もうすぐできあがる拙著も、そのまことムラ気な1本の細糸をそろそろたぐっていけば、多分今回の桃井氏の写真展に通じていくと思われた。(すみません。ごく微量単位で。)
 そういう意味もあって、かなり心揺さぶられる時間だった。

 8月6日(土)までやってます。 
[PR]



by yamaneko299 | 2005-07-26 00:07

戯言は「たわごと」と読みます。
by yamaneko299
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

リンク

本家:ねこからの手紙
http://www.neko-te.net/

屋久島写真★Studiof32
http://f32.jp/

オ~ッ君の東京散歩
http://blog.livedoor.jp/okkun1/

Wandering
http://nomad.de-blog.jp/wandering/

mizutamari
http://pine27.blog105.fc2.com/

ケモの縄張り自然観察
http://pockets.jp/blog/

ikimonodaisuki!
http://blog.livedoor.jp/ikimonodaisuki/

以前の記事

ライフログ

ファン

ブログジャンル

画像一覧