<   2004年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧




経典が赤いのは…。

 寺の住職であった祖父の33回忌と、坊守祖母の1周忌が同時に行われた。祖父が死んでから祖母は32年生きたことになるのか。祖母の葬式のあった1月某日、冬は雪が降りやすい山陰地方ながら、晴天に恵まれた。そして今日も、天気予報では雨だったのに、前日ぐらいから前倒しになって、しっかり晴れた。気丈な人だったけど、死してなおあっぱれといおうか。

 寺の孫ではあるが、お経は全然知らない。小さい頃から読まされていた「正信偈(しょうしんげ)」なら、聞けば何となく合わせられる程度。でも、意味がわからないから興味が湧かない…と思ってさっき検索してみたら、あっけなくザクザク出てきた。う、うーむ。以下写し。

 “正信偈は親鸞聖人の著作であり、浄土真宗の立教のいわれを著わした「教行信証」の行の巻」の最後に書かれているものです。その大意を、「称名念仏によって立つ真宗が、どのようにして相承されて来たのか」ということが記述され、一人親鸞の創作によるものではないということを証明し、そのことを確認する内容」を書いています。 この正信偈は、「開経偈」のようなもので、これを唱和することにより、相承されてきた念仏の道のりを確認することになります。  今のように節を付けて、みんなで唱和するようになったのは、親鸞聖人の八代後の蓮如聖人が始められました。”

 …やはり、よくわからないな。浄土真宗の概要のようなものが書かれてあるのかな?

 小さい頃、住職である伯父に、経典にまつわるアニメスライドを見せられたことがあった。経典の表紙が赤いのは、ある日建物が火事になったときに、えらい坊さんが経典を守るため自分の腹を割いて中に入れたから…!というようなストーリーだった。劇画チックな絵柄も手伝って、火の赤と血の紅が迫り、かなりこわかった。多分小学生くらいだったのに今でも覚えているのは、やはり衝撃的だったからだろう。 今日の法事でも、その赤い表紙を手にとって思い出し、しげしげと見つめてしまった。
[PR]



by yamaneko299 | 2004-11-27 22:15

Re:プロセスを想うから。 

 太鼓の友人(下欄「プロセスを想うから。」参照)から、読んだよ、とメールが来た。長文だが、見事に解説してくれているので、一部編集の上、転載します。おどろくことにそのメールは、なんと、ケータイからだった(その友人はPCを持っていないので、必要なときに友達の所に見に行く)。これを打つのにどれくらい時間を要したか聞いてみると、「フル充電状態が赤ランプに変わった」とのこと。いやはや脱帽。ありがとう。

以下転載
---------------------------------------------------------------
 ありがと…そっ!プロセスなんだよね。私は結果オーライタイプじゃない。練習に参加してる以上、むちゃくちゃ下手でも本番には出す。その努力を買う。上手い子だけ出すなら、青少年会でなくなるしね。上達した子が『できる子だけでやりたい』と言ったこともあった。けど、私の主旨に反するので「なら貴方ができる子だけ出る太鼓サークルに行きなさい」と却下。

 “太鼓をやりたい”と自分で決めたのなら自己責任の基に努力しなさい、と子供達に言ってきた。与えられたリズムや動きを覚えるのは勿論、練習に参加するには、宿題や他の習い事、家の手伝いなど自分がこなさないといけないことも沢山ある。『太鼓あるから宿題しなくていい』とは誰も言ってくれない。反対に『宿題やってたからリズム覚えてない』となると他メンバーに迷惑がかかる。自分で決めた以上、自分の中でクリアすることが条件。

 中には親との約束で、予習・復習を時間までにやらなかったから、練習に参加しなかった子供も。学校では『父親が行かしてくれへんねん』と文句を言ってたらしいから、二日後、太鼓に来た時 改めて“誰が悪かったのか”を全員で確認し、約束を守る事の大切さ、破った時の周りに与えた影響や迷惑、練習が一人遅れた分、どこかで人の倍努力をしないといけない事実云々…話をしたり。

 夏の最初は軽い気持で始めた太鼓に、本番をこなすたびに苦しさが加わってきた子供たち。練習中、他者が叩いた姿を見て、良かったところ、直した方がいいところ、自分が叩くにおいて、意識・注意したいところ、実際に叩いてどうだったか、など、意見や感想を言わせる時がある。人を観察することで、良い点・悪い点を分析し自己に反映させる、自分で意識することで、次へのステップへ進んで欲しい気持を込めてます。

 最近の?子供は、周りがやってくれて当たり前の生活に慣れてるから“意見を言う”ことすら大変。ましてや声も小さく語尾があやふやで中途半端。幾度となく「えっ?聞こえない」「えっ?やり…ます?ません?」などの会話を繰り返し、自信を持って最後まで自分の意見を言う場をつくったり。言葉使いに関しては、特に言ったことはなく、私は気付かなかったんだけど、役員をやってる方が『Mちゃんなんか、最初は“おばちゃ~ん、これどうなってんの~?”て聞いてきてたのが、最近は“○○さん、これはどうするんですか?”て変わってきた』と。三ヶ月の間にも、子供達は子供達なりに成長してる。

 今回、普段にはない大きな舞台に立つことで、余計に重圧がかかったのかもしれない。でも、自分の中の努力は、必ずや肥やしになってるはず。何かを“やりたい”という気持だけでは実現しない、その気持を実現するにはどうしたらいいか。それに絡む面倒な事も含めて、自分でまず考えていく。

 今年太鼓を初めて叩く6年生。親にとってはまだまだ子供。中には叩く以外は先生や役員がやってくれる と思ってる親もいる。基本は“自分でやる”ことにびっくりしてる親も。大きな太鼓出しを、親が手伝おうとした事にストップかけた事もあった。実際には自分らで工夫してやりやる。

 時にはアドバイスや雷も落とすけど、自分らでできた時こそ、達成感や充実感、満足感を味わい、それが自信にもつながる。楽しいことばかりじゃないけど、だからこそ“やりがい”がある と感じて欲しい。

 私もお腹こわしたり、吐いたりしながらやってたんやもん。それなりの成果(子供たちが太鼓楽しい と思う気持)は欲しいと思っても贅沢じゃないよね~。役員をしてくれた方の一人が『自分も太鼓やりたい!』と。別のグループを紹介し、始めることに(自分の子供が響(注:太鼓グループの名)にいるのと、役員として子供達の世話をしながら響で太鼓をするのはできない、との理由から)。
 
 前は私も舞台には立たず、客席から子供達の演奏を聞いて、練習の辛い場面が走馬灯のように脳裏を駆け巡り「ここまでよく頑張った!」と、うるうるしてたけど、最近は一緒に舞台に出てるので、結構冷静に子供を見てる。
 
 太鼓を始める役員さんに“ねこ手”アドレス教えたの。感激してた。『いい友達をもって…』と。今回、Nちゃんの戯言を読みながら“そうなのよね…”と、久々にうるうるしてしまった。正直 教えるのは時間的にも精神的にもしんどいけど、私の中にも確実に成長している何かがあるから、また頑張ろうかなと思う今日この頃です。
                                    -こんまい友人-
b0050104_1622252.jpg

[PR]



by yamaneko299 | 2004-11-14 16:24

わんこな日々2。

先の東京行きでは、もう2匹、会うのを楽しみにしていたわんこたちがいた。
名前を「ラフカイ」と「ウルフィー」といい、ともにカナダのマッケンジー川沿いに生まれ、オオカミの血を引いている。

 もともとは極北をフィールドとする田中・菊地夫妻とラフカイの三人家族だったところに、今夏菊地さんが旅先で知り合った「ウルフィー」が、加わったのだ。

 菊地さんからの旅の発信をリアルタイムで読ませてもらう中、彼女が「オオカミのイメージ」→「オオカミの目撃」→「オオカミ犬との出会い」と導かれていくくだりには、かなりわくわくさせられた。

 東京行きは、地平線会議という旅人の集まりに参加することが目的だった。田中さん菊地さんたちの旅の報告も予定され、ラフカイや、無事検疫を終えたウルフィーにも会えるという!

 胸にしみいるような旅の報告が終了したあと、ちょっとだけなでさせてもらった。ウルフィーの背中の匂いをかぐと香ばしく、なんだかマッケンジー川が近くに感じられる気がした。
b0050104_1414035.jpg





                           

                                       


                                  視線に思わずぼーとなる。
[PR]



by yamaneko299 | 2004-11-14 01:45

わんこな日々。

こないだの[SAY HELLO!」もそうだけど、このごろわんこづいている。ねこなのに。

 先週末に東京に遊びに行ったとき、交通事故からすっかり元気になった「雪丸」に会わせてもらった。 雨の降る日のお散歩中、公園で「置いてかれた!」と思って東京の真ん中を駆けて駆けて家の方向に向かい、車にはねられてしまったのだ。

 ちいさくて真白なわんこは人目に付きやすく、道行く大勢が手をさしのべるけど、警戒しているためにさらに走ってしまった。でも、追ってきてくれた若者二人が、はねられて流血し、目玉が飛び出してしまった雪丸をしっかりと抱いて動物病院に走ってくれ、奇跡的に命を取りとめたのだった。日頃から山歩きで鍛えているからか、快復力も驚異的だったようだ。

 会ってみると、「ほんとにこの子が事故に遭ったの?」と思うくらいぴんぴんしていた。でも、おとなしいものの、やはり手を伸ばされるとするりとかわし、飼い主以外にはあまり自分から寄りつかない。こりゃーかわいいだろうな。

なにはともあれ、よかったよかった。
b0050104_0305838.jpg
b0050104_0312786.jpg



追伸・・もう一匹、ペアの「くるみ」写真は、ぶれブレで使えず。くるみごめんね。
[PR]



by yamaneko299 | 2004-11-12 00:32

プロセスを想うから。

 こないだの文化の日、それ系の催し物に、友人が指導する子どもたちの太鼓グループが出場するというので、市民会館のホールに見にでかけた。幼稚園児の出し物のあと、スクリーンで活動の様子が紹介され、暗い舞台が明るくなると、口をきゅっと結んだ小中学生たちが並んでいた。こんまい友人も紛れて出ていた。ほどなく太鼓がうち鳴らされる。

 「じーん」

 なぜ「じーん」としてしまうんだろう?と、太鼓の音色と躍動する身体に気持ちを向けながらも、頭のどこかで考えていた。なぜ?

 想像するから。
 
 何を?

 緊張する心に思いを馳せるだけではない。きっと、プロセスを想像しているのだ。知らない練習風景、できなかったときのこと、できたときのこと。お腹が痛くなってきたり、さぼってしまったり、でもまた出かけたり、腹が立ったり、楽しかったり、泣いてしまったり。そんな今までの道のりを、勝手に、無意識に、瞬時に想像しているのだ。

 それらは想像でしかないけれど、少なくとも道のりは必ず存在し、その果てに今日の発表があるという事実は紛れもない。だからその日の拍手は、たどりつくプロセスへの拍手でもあるのだった。
b0050104_0144884.jpg

[PR]



by yamaneko299 | 2004-11-09 00:14

いらっしゃい!

ほぼ日経由でお越しくださった方、いらっしゃいませ!
いつもごらんくださってる方、まいど!

ほぼ日にリンクしてもらってしやわせいっぱいです。うふふなのです。
b0050104_13471156.gif

b0050104_13484859.jpgしやわせ!




                                             
                                          ねこ
[PR]



by yamaneko299 | 2004-11-03 13:50

SAY HELLO! あのこによろしく。

b0050104_20415615.gif

ほぼ日から本が発売された。
ぷにぷにの、うにうにの、ぬくぬくの、くんくんの、ふわふわの、すりすりの、しっとりの、きゅんきゅんの、くりくりの、ぷるぷるの!

そのココロは、

いのちがいとしいいのちがいとしいいのちがいとしい!

いとしいいのちを、手にとってみてください。

b0050104_2042507.jpg
b0050104_20425977.jpg
b0050104_2043962.jpg

[PR]



by yamaneko299 | 2004-11-01 20:44

戯言は「たわごと」と読みます。
by yamaneko299
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

リンク

本家:ねこからの手紙
http://www.neko-te.net/

屋久島写真★Studiof32
http://f32.jp/

オ~ッ君の東京散歩
http://blog.livedoor.jp/okkun1/

Wandering
http://nomad.de-blog.jp/wandering/

mizutamari
http://pine27.blog105.fc2.com/

ケモの縄張り自然観察
http://pockets.jp/blog/

ikimonodaisuki!
http://blog.livedoor.jp/ikimonodaisuki/

以前の記事

ライフログ

ファン

ブログジャンル

画像一覧