<   2005年 02月 ( 12 )   > この月の画像一覧




ジャマイカ。

 ウェブサイト及びメールマガジンで届けた西表島旅日記(「またたび日記」)も終了し、このごろ尻切れトンボで終わってしまうことが多かった連載もんだっただけにほっと一息である。(といっても3回シリーズだったが)

 そのはみ出しエピソード。

 焚き火の前でのよもやま話。沖縄の人は新しいものを受け入れにくい(きりかえにくい)という話になった。沖縄の人は、自分が親しんできたものへの愛着と誇りを忘れないということなんだけど。例えば、西表では缶コーヒーは「ダイドー」のものを指すのだという(他の島でもそうなのだろうか)。

 ある日のこと、ガイドの中川さんがトウキビ刈りのアルバイト中、缶コーヒーを買いに走ることに。ダイドー製品各種まぜて調達してきたところ、おじいのひとこと。「これは缶コーヒーではない。ジャマイカに替えてこい」

 島人にとって缶コーヒーとは、ダイドーの初期のものを指すらしい。しかも「ジャマイカ」と呼ぶらしい。(あの、緑とオレンジのラインが入ったやつね)

 つまり、沖縄に商品が参入するには、初めからない、全く新しいものでなければ難しい…という結論に達するのだった。

 …と、この文章を書くのに、試しにその初期のコーヒーを検索してみたら、「ダイドーブレンドコーヒー」という名で、そのデザインはなんと、「ジャマイカの国旗」をアレンジしたものだというではないですか!!…島のおじい、おそるべし…。
[PR]



by yamaneko299 | 2005-02-26 20:30 | 戯言

人間ドック

 年に一度の人間ドック。前日からゆーつだった。この日ばかりは、自分の心と体を切り離していたくなる。いろんな医師や技師を通過する自分の体。俎上の鯉。慣れない検査に緊張しながら、体に意識を向けすぎると、気持ちのどこかがすり減っていく。そして、バリウム検査を終えたあとなどから、だんだんどうでもよくなってくる。

 検査してくれる人たちは決して無愛想でも威圧的でもなく、どちらかというとみんなこぞって親切で丁寧だ。多少流れ作業的になるのは仕方がないと思うし、それを前提にした対応や各説明・確認のポイントもしっかり押さえられているように思う。それでも…。

 女性だけの検査がさらに消耗度を高め、帰り道では分離してしまった自分というものをぎゅっと抱き合わせながら歩いている。

 人間て。

 

 

 
[PR]



by yamaneko299 | 2005-02-25 21:14

正論の刃。

 母からの電話。私が贈ったスポーツクラブの招待券を持って出向いたところ、なぜか「会員証(招待券があれば不要なのに)を提示してください。ないのですか?」の一点張りで、仕方なく帰ってきたと聞く。あまりのことにその施設に電話を入れた。

 たまたま電話に出てしまったような従業員の青年に、母が出向いた時間帯と応対内容について告げた。応対したのは母と変わらぬ世代の女性だったらしい。

 おそらくその女性に電話で確認した後、折り返しの電話があった。確かにかなり不手際があったと、その青年が謝る。

 受付の女性が非を認めてくれるのが当方の目的で、それが達せられるなら言うことはないと電話を切った。

 
 ねぇ、受付担当した女性とやら、本当に非を認めているのなら、じかに連絡してきてもいいだろう?こっちは電話番号を伝えているんだから。
 責任者である店長、あなたも聞いてるはずだろう?

 青年は終始平謝り。きみが謝ってくれてるのはわかっている。でも、どうしようもないし、どうでもいい。
 
 おまえがでてこい。おまえがでるべきだ。 
[PR]



by yamaneko299 | 2005-02-22 22:51

ハトのポーズ。

 まるっっっきり、ぜえええええんぜんできない、「ハトのポーズ」。どうしてみなさんできるんでしょう?(このごろ車のコマーシャルでやってるやつね。)
これができるまでは続けよう。くるっくー。
[PR]



by yamaneko299 | 2005-02-20 21:58

何もない週末。

 予定がなくなって、何もない週末。夕食は豚しゃぶに!

 ゆうべどっちの料理ショー見て、無性に食べたくなったのだ。全国のそんな皆さん、こんばんは。豚しゃぶ、おいしかった?ちなみに対抗馬だった「きりたんぽ」は食べたことがない。すっごくおいしそうだった。いつか食べてみたいものだ。

 仕事帰り、店主が固まり肉をスライスして店先に並べるような、いわゆる「肉屋」さんで豚しゃぶ用肉を買う。スーパーのように「黒豚」とか「国産」とかの表示はないが、わたしにとっては美味い。

 うちにしては珍しく、野菜類をたくさんストックしていた。 白菜、水菜、小松菜、大根、人参…。やはりここはまず水菜からか。人参も細切りにして小鍋に入れた。

 一人鍋故、肉をしゃーぶしゃーぶし始めたら集中、である。豚肉が薄桃色に変わってからもうひと呼吸のあと、そのまま野菜をくるりと巻いて、用意していたごまだれかポン酢にひたしてからふはふはといただく。ビールもうまいっ。

 ごまだれには石垣島ラー油をたらすとまた!

 結局豚肉300g、小松菜と水菜ひと束、人参2本が腹の中に。われこそ豚です。

 明日はいつものように更新した後、借りている本とDVDにあたるつもり。こんなひととき、好きだぁ。
[PR]



by yamaneko299 | 2005-02-18 23:39

「あり」なんだ。

 世間的に言うところの「負」を抱える人たちは、「この苦しみは特別じゃない」ことを知ったとき、励まされ安堵する。同じ悩みや悲しみや苦しみを抱えた人たちが集まり、対象となるできごとを乗り越えようとするときも、そのような気持ちの共有が土台にある。

 自殺の連鎖もそうかもしれない。「ありなんだ」と思う気持ちが己を正当化させ、拍車をかける。

 犯行の連鎖もそうかもしれない。やはり「ありなんだ」と思って後に続く。

 先頃起こった、学校に侵入して教師を殺害する事件も、そういう意味で気になる。「ありなんだ」と続かないことを切に願う。

 思いをぶつける方法は、必ず他にある。

 
[PR]



by yamaneko299 | 2005-02-15 22:18

なんくるない。

本屋で
「よしもとばななの『なんくるない』」をさがしているんですけど」
と尋ねると、
「は?なんく…?」
「なんくるない」
「なんくる…?」
「なんくるない」
と、レジ前で何度も言わされてけっこう恥ずかしかった。その後店員が単行本コーナーをしばらくさがして(そこはおいらも見たっつーの)戻ってきて曰く、
「文庫本ですか?単行本ですか?」
あのさ、そういうことって最初にきかないかい?
「最近出た本なんですけど」
「じゃあありません」

なんなんだ?「じゃあ」って。 

b0050104_0381754.jpgお口直しにクロッカス。
[PR]



by yamaneko299 | 2005-02-15 00:40

軍艦島。

 今週末も無事に(?)トップの更新して、メールマガジン配送予約もして、ほっと一息のひとときを迎えることが出来た。連休に入って、いきなり昼夜逆転な日々で、週明けが恐ろしい。

 今日は「軍艦島」にはまってしまい、いろんなウェブサイトを訪ねていた。真摯に向き合うページから、心霊写真関係まで、いろいろあった。

 廃墟にヒトが引きつけられる理由は、自分に関係することだからだろうか(つまり、自分がいなくなった未来や、人類に時が満ちる遠い未来までをそこに重ね合わせることができる)。
 日本初の鉄筋コンクリート造高層アパートを含む廃墟は、今や世界遺産登録を望む声もあり、歴史的な遺物としても注目されているようだ。(来島者の落書きもかなり目立つらしいが)

 緑なき島と言われた場所も、今では植物が至るところに触手を伸ばしてきているらしい。
この今の今も、冬の海風に吹きつけられながら、かつてそこに暮らした人々の思念を抱えた島は、おそらく再生の時をゆっくりと刻んでいるのだろう。いや、島にとってはヒトがいたことも、今の騒ぎも、何ら関係がないのかもしれない。
  

  
[PR]



by yamaneko299 | 2005-02-12 23:58

ロールキャベツ。

 芽キャベツを買ったので、ロールキャベツを作ることにした。が、タマネギを買うのを忘れた。冷蔵庫にあった長芋と大葉をみじん切りにして鶏ミンチに投入。下ゆでした葉っぱでミンチ肉を包んでは楊枝で止めて、どんどん作った。
 
 コンソメとローリエを加えて、ただ今コトコト煮込み中。b0050104_21232315.jpgもう9時過ぎてしまった。食べるのは明日だな、こりゃ。
[PR]



by yamaneko299 | 2005-02-11 21:24

重くて寒い。

 幼い子どもが標的にされる事件が相次いで、気持ちのどこかが重くて寒い。ちょっとしたきっかけ(音楽を聴くとか文章を読むとか)で涙がにじみ、不安定な心持ちに気付く。

 わたしにはそのような犯行が、無意識のうち、自分の中の「きれいなもの」にとどめを刺そうとする行為のように思えてならない。それは、自分に棲む子どもの心であったり、夢や希望に向かってのびていこうとする気持ちだったり。だとしたらそのような行いは、自己否定の果てに引き起こされるものなのか。

 わからない。受け止める器量もない。でも、このような事件が起こるたび、対岸の私にも疼く痛みがある。なぜならそれはこの社会で起きてしまったことであり、わたしはこの社会に属しているからだ。

 また、いろいろなものがつながっていると思っているわたしは、その認識が抱える「負」の部分を目の当たりにして、うずくまってしまっているのかもしれない。b0050104_082626.jpg

 

 

 
[PR]



by yamaneko299 | 2005-02-10 00:10

戯言は「たわごと」と読みます。
by yamaneko299
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

リンク

本家:ねこからの手紙
http://www.neko-te.net/

屋久島写真★Studiof32
http://f32.jp/

オ~ッ君の東京散歩
http://blog.livedoor.jp/okkun1/

Wandering
http://nomad.de-blog.jp/wandering/

mizutamari
http://pine27.blog105.fc2.com/

ケモの縄張り自然観察
http://pockets.jp/blog/

ikimonodaisuki!
http://blog.livedoor.jp/ikimonodaisuki/

以前の記事

ライフログ

ファン

ブログジャンル

画像一覧