<   2006年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧




よっしゃー!

ビデオに撮っていたリヤカーマンこと、冒険家永瀬忠志さんの番組を観た。
地球1周4万キロの旅をし、今年植村直己冒険賞を受賞した永瀬さん。2年前の南米縦断旅
で踏破を見送った、ジャガーの巣であるアマゾンルートがどうしても心にかかり、この夏、画竜点睛を果たすべく旅立った。その軌跡が、旅初の密着取材として、テレビ放映されたのだ。

オンサ(ジャガー)の恐怖、摂氏50度を越える気温、激しいスコール、ぬかるみの悪路、群がる虫、体の異変…。とりわけ、田吾作4号がトラックに引っ掛けられて大破したとき、永瀬さんが
「やっぱりこのにぎり手じゃないと…」と、リヤカーの持ち手をさすりながら泣き顔になっている
シーンには、胸が熱くなった。
竹中直人のナレーションも映像を深めた。

そんないろんな場面の中で、わたしにとって最も一番印象的だったのは、何といっても
ブラジルはマナウスからの出発の際、900kmの旅路を始める永瀬さんの表情だった。
そこに氏のすべてが現れているような気さえした。
それから永瀬さんは、「よっしゃー!」と叫んで、スタートしたのだった。

b0050104_2325983.jpg


b0050104_2326183.jpg


b0050104_23265360.jpg


b0050104_23272620.jpg


b0050104_23275995.jpg
[PR]



by yamaneko299 | 2006-11-29 23:39 |

「りんごをかじると

歯ぐきから血が出ませんか?」
…これを知ってるあなた、同世代ね。

八百屋さんでおまけにもらったりんご、久々に丸ごと齧ってみた。

b0050104_2392775.jpg
[PR]



by yamaneko299 | 2006-11-28 23:10 |

赤ちゃんのポーズ。

なんのことはない、仰向けになって膝を抱え、丸まっていくポーズ。癒しと腹筋強化。
おかあさんのおなかにいる自分をイメージする。胎内回帰。

思い出した。幼少のころ、わたし、だんご虫みたいに丸まって眠っていたんだっけ。
いとこたちから「おかしい」と言われたけれど、一番安心できる就寝姿勢だった。
あれは「記憶」だったんだな。今では苦しすぎるけど。
[PR]



by yamaneko299 | 2006-11-20 23:28 | ヨガ・カラダ

新米。

新米をいただいた。
せっかくなので土鍋で炊いてみた。
つやつや。
とうぜん食べすぎた。
ニッポン人には米もある。b0050104_2152149.jpgしあわせ。
[PR]



by yamaneko299 | 2006-11-17 21:52 |

ザ・銭湯。

b0050104_18564690.jpg

[PR]



by yamaneko299 | 2006-11-13 18:57 | 戯言

冬が始まった。

今朝、迷いながらもセーターを着こんで玄関を出る。・・・正解!
冬だー冬だー。血液が吸い込んだ冷たい空気を体中に運び、いざ冬モードへ。
寒いと肩こりがつらいけど、季節の変わり目はわくわくするなあ。
[PR]



by yamaneko299 | 2006-11-07 23:51 | 戯言

なんかへん。

電車に乗った。立ってる人はわずかなすき具合。座れた。

前の横4人掛け座席向かって右端、40代半ば?の男性。プーさんの紙袋を隣の座席スペ
ースに置いて、雑誌を読んでいる。
プーさん紙袋の隣には、居眠りしている30代後半?の女性。
さらに左隣、座席の向かって左端には、20代後半?の女性。イヤホンをして文庫本を読んで
いる。

やがて、彼女の向かって右隣の30代後半女性が舟をこぎだして、がくんと20代女性の方に
傾いて戻った。次の瞬間、20代後半女性が、倒れてきた側の腕から腿にかけて、パンパンと
まるでほこりをはらうような仕草をした。でも、居眠り女性の方は見ない。

ほどなく、はらわれた30代後半女性は、立ち上がって私の隣の空席に移動した。やはり、
ほこりはらい20代後半女性の方は見ないまま。

ほこりはらい20代後半女性は、本に目を落としたまま、再度パンパンとした。
と、私の左隣に移った30代後半居眠り女性の方からぱりぱりと音がする。
見ると、せんべいをかじっていた。食べ終わってまた眠り始める。

右側からケータイで話をする声がした。ドア付近に立っている30代半ば?の女性が、
ケータイで話をしている。
…かと思いきや、電話ではなく、ひとりごとだった。低い声で、「誰か」と対話している。

駅に着きドアが開いて、40代後半?の女性が乗ってきた。20代後半ほこりはらい女性
の隣に座った。40代半ばの男性が、仕方ない感じで、プーさんの紙袋を少しだけ自分の
方に寄せる。

…かと思いきや、20代後半ほこりはらい女性は、やおら立ち上がってドアの外に…
出ようとしたら、目前でドアが閉まってしまった。40代後半女性は、そのまま20代後半
ほこりはらい女性が座っていた端っこの座席にスライドし、ケータイでメールかインター
ネットを始めた模様。

降りそびれた20代後半ほこりはらい女性は、ドア付近30代半ばひとりごと女性の隣に
しばらく立っていたが、両隣が空席の座席を見つけて座りにいき、文庫本をめくり始めた。

30代半ばひとりごと女性が、私の右隣に座った。彼女はタオルハンカチで一度両てのひらを
拭った。「だから・・・やねん」と、誰かと話は続いているようだ。手のひらの中には、男性アイド
ルと思しき小さな写真が見えた。

私の降車駅になり、電車を降りた。へんな気分で本屋に寄る。気になってた
「リクウ」が置いてあったので、買って帰った。
[PR]



by yamaneko299 | 2006-11-05 00:20 | 戯言

戯言は「たわごと」と読みます。
by yamaneko299
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

リンク

本家:ねこからの手紙
http://www.neko-te.net/

屋久島写真★Studiof32
http://f32.jp/

オ~ッ君の東京散歩
http://blog.livedoor.jp/okkun1/

Wandering
http://nomad.de-blog.jp/wandering/

mizutamari
http://pine27.blog105.fc2.com/

ケモの縄張り自然観察
http://pockets.jp/blog/

ikimonodaisuki!
http://blog.livedoor.jp/ikimonodaisuki/

以前の記事

ライフログ

ファン

ブログジャンル

画像一覧