天災が伝えるもの。

b0050104_2253156.jpg
写真は、「沈みゆく上弦の月」です。

 








 ウェブサイト(http://www.neko-te.net/)の日記をブログに置きかえてみました。これでもう少し更新が頻繁になればいいけれど。まずは継続を目標にしたいと思うので、肩の力を抜いて書いていこうと思っています。慣れずにマヌケなこともするでしょうが、どうぞよろしく。

 大きな地震があった。頻発する台風といい、今回の地震といい、自然は人に歩み寄ったりはしない存在だけど、それでも何かを知らせようとしているような気がしてならない。それが何なのか、どうすればいいのか、きっと、いろんな人が考えていることだろう。

 天災の本当の恐さは、当事者にしかわからないような気がする。体に震えが来るほどの、おそろしさ。だから当事者以外は、今までの経験を元に想像する。こわいだろうと。大変だろうと。被災地に救援に出向く人々も、そんな想像力で行動しているのだろう。

 人の底力は、そうしてひとまずおそろしかった感覚を、薄めてしまえる復元力にあるような気がする。ずっと引きずっていたら、パンクしてしまうから。

 でも、その恐ろしさにからめとられ、身動きできない人たちもいる。天災そのものより、それで大事な人を亡くしたり、ひどい怪我をしたり。もし、天災のいくつかが、これまでの「つけ」であるにしても、あまりにも残酷な代償だ。

 天災が伝える声があるのかどうかわからないが、できるだけ耳を澄ませていたい。 
[PR]



# by yamaneko299 | 2004-10-23 23:37

戯言は「たわごと」と読みます。
by yamaneko299
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

リンク

本家:ねこからの手紙
http://www.neko-te.net/

屋久島写真★Studiof32
http://f32.jp/

オ~ッ君の東京散歩
http://blog.livedoor.jp/okkun1/

Wandering
http://nomad.de-blog.jp/wandering/

mizutamari
http://pine27.blog105.fc2.com/

ケモの縄張り自然観察
http://pockets.jp/blog/

ikimonodaisuki!
http://blog.livedoor.jp/ikimonodaisuki/

以前の記事

ライフログ

ファン

ブログジャンル

画像一覧