きた~。

 夜中に喉痛で目が覚める。風邪だ。布団から這い出てアミノ酸とビタミンCを飲んでまた寝た。正月後の連休で、気が抜けたのか。

 そんな体調からか、妙な夢をたくさん見た。

 わたしは新しい住まいを検討していた。紹介された住居はフラットな木造共同住宅で、一戸一戸作りが違う。今回空きが出た部屋はもと(今はまだ営業中の)カフェかレストランで、正面からアプローチになっている階段を数段上ると左右に住居用の部屋が割り振られるようにあって、そのまま進むと業務用のキッチンとレストランのフロアだった。キッチンはその家ではそこだけだ。大きなテレビの前にはソファなども置いてあって、他のテーブルも床の上に直接座るようになっているので、そのまま広いリビングとして使えそうだ。 ただ、店舗だけあって四方とも窓が広く取られていて、暮らすにはいろんな工夫が要りそう。また、防犯面も気になる。

 その住居のことを結構気に入ったが、今住んでいるところもそう嫌ではない。もし移って今予想する(あるいは予想だにしない)問題が起こるくらいなら、今の暮らしのままでいいのではないか?と思った。

 そして場面が変わる。今は使われていない小さくて古びた店舗兼住居。道に面していて、扉はなぜかない。いきなり事務机が見える。その引き出しに、いろんな紙パックの飲料が入っているのをわたしは知っていて、何かにつけてそこに戻って引き出しを開けて飲料を取り出す。ときには人に教えてあげる。ビートたけしにも教えてあげた。

 店舗に面した道路の先には学校(多分男子校)があって、同じ色の制服を着たそこの関係者たちが(年齢的には学生ではなさそう)ひとグループ歩いてくるが、なぜだかそのうちのひとりが倒れて死んでしまう。目をむいているその人をよく見ると、知っている人だった。「○○さん!」と名前を呼んだ。

 でも、そのグループの人たちはそのまま立ち去ろうとする。学校なので、出来るだけ問題は避けたいということのようだった。

 まだ他にも見たが、もうやめておこう。とにかく、喉痛の狭間でそんな風に半ばうなされていたのだった。

 
 起きだして朝食のついでにリポDやビタミンCを飲み、大根と生姜をすり下ろして湯を注ぎ飲んだら、喉の痛みは大分和らいだ。乾燥しないようにマスクをし、思い出してはイソジンでうがいをしている。この初期症状、これからひどくなるかどうか、あとは様子を見るだけだ。

b0050104_1221090.jpg







                                                                       
[PR]



by yamaneko299 | 2005-01-08 12:07

戯言は「たわごと」と読みます。
by yamaneko299
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

リンク

本家:ねこからの手紙
http://www.neko-te.net/

屋久島写真★Studiof32
http://f32.jp/

オ~ッ君の東京散歩
http://blog.livedoor.jp/okkun1/

Wandering
http://nomad.de-blog.jp/wandering/

mizutamari
http://pine27.blog105.fc2.com/

ケモの縄張り自然観察
http://pockets.jp/blog/

ikimonodaisuki!
http://blog.livedoor.jp/ikimonodaisuki/

以前の記事

ライフログ

ファン

ブログジャンル

画像一覧