2004年 12月 30日 ( 1 )




今も

 地震と津波でダメージを受けた人たちのことが、年末年始の休み気分のどこかで、喉に刺さった魚の小骨のようにひっかかっている。きっとみんなそうなのではないか。たまに見るテレビでは黒灰色の濁流が町中を川のように流れ、この流れの中でもがき苦しむ魂がいくつもあるという信じられない現実をつきつけられた。水が引いた今では身元不明の死体が腐乱臭を放っているという。これもまた地獄。

 自分はなにもできない。自分のことで精一杯だ。下手に手を出しても偽善にすら至らず終わる。せいぜい信頼できる組織や個人に気持ち振り込むのが関の山。特にそのことを卑下もしない。

 それでも、世界を悲しむには自分はあまりに小さく、弱いことを思い知らされるから、できることならあまり知りたくない気もする。だがこの国では情報が瞬時に入手できてしまう。顔をそむける前に目の前に投げ出されている。そして、次のニュースが出来事を過去にしてしまう。

 停止した思考の中で、できることを考える。そんな現実を知っておくこと、痛みを感じること、そして、自分が宿命として与えられている日常をなるべくしっかり生きること。

 世界はこの今の今も、悲しみだらけだ。虐待されている人。飢え死にしそうな人。戦火にさらされている人。避難所や仮設住宅で暮らす人。詐欺にあった人。借金が返せない人。殺された人。殺してしまった人。大切な人を失った人…。理不尽な目に遭い、あるいはなにかの歯車が狂ってしまい絶望の淵に立つ人たちは、この世にあふれている。きっと、すぐ近くにだっているはずだ。

 書き始めたときにはなんとなく「ゆるやかなつながり」に到達する見込みだったのに、書ききることができなかった。それが今の自分であることを認める。 
b0050104_23444843.jpg

[PR]



by yamaneko299 | 2004-12-30 23:44

戯言は「たわごと」と読みます。
by yamaneko299
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

リンク

本家:ねこからの手紙
http://www.neko-te.net/

屋久島写真★Studiof32
http://f32.jp/

オ~ッ君の東京散歩
http://blog.livedoor.jp/okkun1/

Wandering
http://nomad.de-blog.jp/wandering/

mizutamari
http://pine27.blog105.fc2.com/

ケモの縄張り自然観察
http://pockets.jp/blog/

ikimonodaisuki!
http://blog.livedoor.jp/ikimonodaisuki/

以前の記事

ライフログ

ファン

ブログジャンル

画像一覧